パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

断食のデメリットを科学的根拠で否定しちゃいます

お腹が空いて動けないは一応ない 炭水化物、ようは「糖質」を撮らないと「脳動かんくない?」ってやつですね。 まぁ体は便利なもので「糖新生」という機能で脂肪をケトン体というものに変えて、糖(グルコース)の …

ADHDの原因は遺伝だけではなく実はお母さんの………っていう最新の研究の話

前回も「お母さんの『あれ』が足りなくて」っていう話をしましたが今回もそんな感じです。 お母さんが肥満だった説 2020年5月に発表されたほやほやの研究(1) 7~8歳の子供のお母さん「1915人」に子 …

クルクミンってすごいんだぜって研究

クルクミンはターメリック(ウコン)に含まれていて、まぁあの黄色の色素ですね。「減量飯の沼」がすごいのはこれらのスパイスも理由にしてます。 脂肪燃焼効果に超期待できるかも 11件の研究をもとにした201 …

「食事は細目に」が神話じゃないのかなっていう研究ばかり

んーダイエットでよく言われてる「食事頻度を増やす、ex.1日6食とか」はダイエットでは効果ない、むしろマイナスかもって話。 回数を増やそうが、減らそうが、『同じカロリー』なら消費エネルギーは変わらない …

中年期は低タンパク、高齢期で高タンパクにしたほうがいいっていう興味深いなぁと思った話

中年期の高タンパク、高齢期の低タンパクは死亡率を上げるくさい 2014年の南カリフォルニア大学の研究(R)なのですがね タンパク質の摂取量と死亡率を調べたっていう感じで 50歳以上の成人(平均年齢65 …