パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

HMB

HMBはやっぱり筋肉増やさないし、脂肪も減らさないとボコボコにされてる件について

投稿日:2020年9月29日 更新日:

やっぱアナボリックサプリメントではなさそう

HMBがまたもや2020年5月にでていたカナダのマクマスター大学によるメタ分析(R)で『筋肉は増えない』ということで

以前にも2009年のメタ分析でも『摂っても意味なくね?』という結輪にいたってましたね。

11件の研究をベースに参加者302人(平均年齢27歳)の体重と組成、うち248人の筋力分析が含まれています。

体重と組成に関して

総体重】は

HMBグループ:1.12kg±1.89kg プラセボ:0.78kg±1.31k

平均差は0.34kg(95%CI 0.03、0.66、p <0.05)

徐脂肪体重

HMBグループ:1.57kg±1.75kg プラセボ:1.17kg±1.45k

平均差は0.29kg(95%CI -0.01、0.60、p = 0.06)

【脂肪減少】

HMBグループ:0.73kg±1.68kg プラセボ:0.47kg±1.43kg

平均差は0.10kg(95%CI -0.42、0.23、p = 0.57)

有効性HMBについてネガティブなメタ研究

・筋力向上に関して

【ベンチプレス1RM強度】※1RMとは「1回の動きで上げられる限界重量」

HMBグループ:9.5kg±4.6kg プラセボ:9.6kg±4.9kg

平均差は0.52 kg(95%CI -1.72、1.75、p = 0.41)

ちなみに下半身のトレーニングの1RMの平均差2.82kg(95%CI:-2.37、8.00 p = 0.29 )だそう。

【総合1RM強度】

HMBグループ:32.0kg±31.4kg増加 プラセボ:30.6kg±29.9kg増加

平均差1.11kg(95%CI -1.90、4.12)

というわけで研究者の方のコメントを引用

この系統的レビューとメタアナリシスは、RET中のHMB補給がTBMのわずかな増加をもたらす可能性があるが、FFMの増加またはFMの損失の有意な増強をもたらさないことを示しました。したがって、若い被験者のRETによって引き起こされる体組成を改善するためのサプリメントとしてHMBを処方する理由はありません。さらに、強度への影響も重要ではありませんでした。

https://www.mdpi.com/2072-6643/12/5/1523/htm

※RET「筋トレ」 TBM「総体重」 FFM「徐脂肪体重」 FM「脂肪」

-HMB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

涙目のHMBを救いたい~相方が必要なんすねっていう話

意味ねぇ意味ねぇと言われておりますが…… 過去記事(1)(2) 科学的に正しい筋トレ 最強の教科書の著者である『庵野 拓将(あんの たくまさ』さんのブログでも紹介されています。 とまぁプロテインの20 …

HMB意味あるんじゃね?っていうメタ分析を発掘してきたって話

HMBだって効果あるもん!!だがしかし……… まぁぶっちゃけ圧倒的否定派が多いこの「ウザ広告」でおなじみプロテインの20倍の効果があるという『HMB』 前にその効果は否定しました。 ちなみパレオさんも …