パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ADHD向け 未分類

ADHDは褒めたり、励まして伸ばしたほうがいい?って思う研究

投稿日:2020年6月15日 更新日:

2016年の研究ですね(1)。日本の「沖縄科学技術大学院大学」とニュージーランドのオタゴ大学の研究チームによるものです。

「罰」がADHDの子供の行動にどのような影響を与えるかを調べましたと。

おもしろいのがこういう「罰」の研究は子供たちがスコアを取れなかったり、報酬を得られなかったりして、実験を放棄してしまうことなんだそうで(笑)

まぁたしかに、子供ですからね(-ω-)/

というわけでちゃんと「おもしろい」ものを作ったみたい!!

145人」のADHDの子供と健常者の子供「65人」の計「210人

勝てば10ポイント獲得とアニメーション再生、負けたら5ポイント没収と笑い声みたいな感じ。手持ち20ポイントからスタートし、400ポイントに達するor300回プレイすることで終了。

おそらく「楽しそうな顔」と「悲しそうな顔」が2×2マスの画面に表示されて、揃えるゲームかな?んで「悲しいそうな顔」を揃えると「負け」というようなゲームかと思います………(笑)。

それで同じようなゲームも用意して、これを難易度をこっそり「4倍」にしていて、子供たちは自由に切り替えて遊ぶ。でも一応「こっちのゲームもやってみたら?」みたいな介入をし、1つを独占的にプレイするのを思いとどまらせることはしたみたい。

こんな感じ

【結果】

  • 最初の100回はどちらの子供も「罰の低いゲーム」を好んだ
  • 次の100回ではADHDの子供はさらに「罰の低いゲーム」を好んだ、健常者の子供は安定してゲームをしていた
  • ADHDの子供は「最初から罰に対して否定的で、実験が進むにつれて、ますますそれを避ける傾向にあった」

「親御さんや先生には、もし子供が簡単タスクに諦めることがあれば報酬と罰の適正なバランスの確認」と「笑顔や励ましの言葉などの単純な報酬でもADHDの子供がタスクに従事する助けになる」と研究者のトリップ教授は述べています。

-ADHD向け, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大人になっても『いじめ』をする人たちって実は脳が………っていうある意味かわいそうっていう話

ある意味『障害』なのかもしれません 結論から述べますと生涯を通じて、反社会的な行動をしている人はそうでない人より『脳が小さい』ということがロンドン大学の2020年の研究で判明(R) 45歳の参加者『6 …

科学が仕事で手抜きする奴の特徴をあぶりだしやがった!だがしかし………って話

仕事を「手抜きする」人の特徴とは……… オーストラリアのウエスタンシドニー大学による2017年の研究(1) ここでいう「手を抜く」は「重要なステップを省いて、楽をする」ことを指しています。 オーストラ …

夜勤にカフェインは「諸刃の剣」って研究

まぁ知ってた。けど「やめられない」 2009年のモントリオール大学の研究ですね(1) まぁ、「カフェイン」って「ザ・眠気覚まし」っていうイメージがありますので夜勤のときにエナジードリンクをぶち込んで、 …

自然光で仕事のパフォーマンスが上がるかもって話

もはや外で働いたほうがいいのかしら 2020年のイリノイ大学による研究(R) 21歳~61歳の30人のナレッジワーカーに (左)日光遮断(ローラーブラインド) (右)ECガラス(調光ガラス) のオフィ …

早期教育が意味ある説~某メンタリストの憧れの大学の研究

前置き 「メンタリスト DaiGo」さんがニューヨーク大学による「メタ分析」で「早期教育は金の無駄説」を紹介していました。 質に関しては「本物」かと思いますので参考に。 しかし彼の『憧れの大学』では「 …