パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

ADHDは褒めたり、励まして伸ばしたほうがいい?って思う研究

投稿日:

2016年の研究ですね(1)。日本の「沖縄科学技術大学院大学」とニュージーランドのオタゴ大学の研究チームによるものです。

「罰」がADHDの子供の行動にどのような影響を与えるかを調べましたと。

おもしろいのがこういう「罰」の研究は子供たちがスコアを取れなかったり、報酬を得られなかったりして、実験を放棄してしまうことなんだそうで(笑)

まぁたしかに、子供ですからね(-ω-)/

というわけでちゃんと「おもしろい」ものを作ったみたい!!

145人」のADHDの子供と健常者の子供「65人」の計「210人

勝てば10ポイント獲得とアニメーション再生、負けたら5ポイント没収と笑い声みたいな感じ。手持ち20ポイントからスタートし、400ポイントに達するor300回プレイすることで終了。

おそらく「楽しそうな顔」と「悲しそうな顔」が2×2マスの画面に表示されて、揃えるゲームかな?んで「悲しいそうな顔」を揃えると「負け」というようなゲームかと思います………(笑)。

それで同じようなゲームも用意して、これを難易度をこっそり「4倍」にしていて、子供たちは自由に切り替えて遊ぶ。でも一応「こっちのゲームもやってみたら?」みたいな介入をし、1つを独占的にプレイするのを思いとどまらせることはしたみたい。

こんな感じ

【結果】

  • 最初の100回はどちらの子供も「罰の低いゲーム」を好んだ
  • 次の100回ではADHDの子供はさらに「罰の低いゲーム」を好んだ、健常者の子供は安定してゲームをしていた
  • ADHDの子供は「最初から罰に対して否定的で、実験が進むにつれて、ますますそれを避ける傾向にあった」

「親御さんや先生には、もし子供が簡単タスクに諦めることがあれば報酬と罰の適正なバランスの確認」と「笑顔や励ましの言葉などの単純な報酬でもADHDの子供がタスクに従事する助けになる」と研究者のトリップ教授は述べています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男は性格で女は見た目っていう小ネタ研究~恋人に求める条件ランキングトップ10

恋人に求める条件ランキング 2007年の論文ですね(1)。見たまんまです。 男性:119,733人 、女性:98,462人に「恋人に求める条件トップ3」を聞いたっていう調査です。 10位だけが異なりま …

科学が仕事で手抜きする奴の特徴をあぶりだしやがった!だがしかし………って話

仕事を「手抜きする」人の特徴とは……… オーストラリアのウエスタンシドニー大学による2017年の研究(1) ここでいう「手を抜く」は「重要なステップを省いて、楽をする」ことを指しています。 オーストラ …

メタ分析特集~ビタミンD編Part2~

ビタミンDで肥満予防 デンマークのオーフス大学による2018年のメタ分析(1) 1899件の研究から「55件」まで絞りこまれたかなり大規模なメタ分析ですね。 非糖尿病患者におけるビタミンDとBMIの関 …

誹謗中傷マンたちがネット世界から駆逐されてしまうぞっていう現在進行している研究

なにかと今話題になってますよね。テラスハウスに出演していた「女子プロレスラーの『木村花』選手」が突然亡くなられたということで、その原因が『ネットの誹謗中傷』ではないかということで多くの芸能人の方々が色 …

ADHDの交通事故率って気になったことない?って話~調査結果有り

まぁ、「注意欠陥or欠如」という名前が入っているので気になっている方がいるんじゃないでしょうか? まぁ、想像はついていた結果 2019年の研究(1)によりますと、運命は残酷ですね。 2004年~201 …