パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ADHD向け 未分類

ADHDは褒めたり、励まして伸ばしたほうがいい?って思う研究

投稿日:2020年6月15日 更新日:

2016年の研究ですね(1)。日本の「沖縄科学技術大学院大学」とニュージーランドのオタゴ大学の研究チームによるものです。

「罰」がADHDの子供の行動にどのような影響を与えるかを調べましたと。

おもしろいのがこういう「罰」の研究は子供たちがスコアを取れなかったり、報酬を得られなかったりして、実験を放棄してしまうことなんだそうで(笑)

まぁたしかに、子供ですからね(-ω-)/

というわけでちゃんと「おもしろい」ものを作ったみたい!!

145人」のADHDの子供と健常者の子供「65人」の計「210人

勝てば10ポイント獲得とアニメーション再生、負けたら5ポイント没収と笑い声みたいな感じ。手持ち20ポイントからスタートし、400ポイントに達するor300回プレイすることで終了。

おそらく「楽しそうな顔」と「悲しそうな顔」が2×2マスの画面に表示されて、揃えるゲームかな?んで「悲しいそうな顔」を揃えると「負け」というようなゲームかと思います………(笑)。

それで同じようなゲームも用意して、これを難易度をこっそり「4倍」にしていて、子供たちは自由に切り替えて遊ぶ。でも一応「こっちのゲームもやってみたら?」みたいな介入をし、1つを独占的にプレイするのを思いとどまらせることはしたみたい。

こんな感じ

【結果】

  • 最初の100回はどちらの子供も「罰の低いゲーム」を好んだ
  • 次の100回ではADHDの子供はさらに「罰の低いゲーム」を好んだ、健常者の子供は安定してゲームをしていた
  • ADHDの子供は「最初から罰に対して否定的で、実験が進むにつれて、ますますそれを避ける傾向にあった」

「親御さんや先生には、もし子供が簡単タスクに諦めることがあれば報酬と罰の適正なバランスの確認」と「笑顔や励ましの言葉などの単純な報酬でもADHDの子供がタスクに従事する助けになる」と研究者のトリップ教授は述べています。

-ADHD向け, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜勤にカフェインは「諸刃の剣」って研究

まぁ知ってた。けど「やめられない」 2009年のモントリオール大学の研究ですね(1) まぁ、「カフェイン」って「ザ・眠気覚まし」っていうイメージがありますので夜勤のときにエナジードリンクをぶち込んで、 …

特定の人にはリポ酸は減量に役立つかもしれないって話

まぁ参考程度に パレオさんもメタ分析で以前書かれていたみたいですね 2020年7月に出ていたオレゴン州立大学の論文を紹介(R) 太りすぎの成人81人(57%は21歳~60歳の女性)をプラセボと『α‐リ …

高容量のシトルリンで骨折が早く治るかもっていうマウスの実験の話

シトルリンといえば『スイカ』 いつものパレオさんはそんなに記事にされてないようだったので 今回は『Kento』さんを召喚(・ω・)ノ。 シトルリンには『筋出力増加』『疲労回復』『パンプアップ効果』があ …

いい加減、目覚めなさい~痩せる薬なんてないっていうメタ分析~

現実から目を背けてはいけないのね………(笑) シドニー大学による2020年の最新の研究(1) なんと19年ぶりの「ハーブ系サプリメント」のレビューみたいです! ハーブ系サプリメントの効果をプラセボと比 …

ADHDに効果的なサプリメントの組み合わせ~なお女性ならさらにいうれしいことが………!?

てか、そもそも「ADHDの原因」って? とにかくADHDの人は色々足りていないみたですね。(1)(2)←前の記事 根本的な原因としては「脳の神経伝達物質がうまく機能していない、そもそもの神経伝達物質( …