パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ADHD向け 未分類

ADHDに効果的なライフスタイルへの考察研究~やってみる価値あり!!

投稿日:2020年6月14日 更新日:

ADHDじゃなくてもやったほうがいい、ただの健康的な習慣が鍵

2016年のオレゴン健康科学大学の研究です(1

とりあえず「ADHDの子供は健常者の子供より不健康な生活習慣に従事する可能性が高い」ということが判明したとのこと。

そして「ADHDの子供の親は薬物療法を望んでいない」ということで「健康的なライフスタイルはそれと並行、あるいは代用になるかもしれない」と。

まぁ薬物治療には「副作用」がつきものなのでそれをできるだけ使いたくないし、「副作用の最小限化」は課題かと思います。

本題の推奨事項はこちら

  • スクリーン時間を1~2時間に制限
  • 1時間ぐらいの運動
  • 砂糖や甘味料の制限
  • 9~11時間の睡眠
  • 7~10杯の水を飲む

7~11歳のADHDの子供「184人」と健常者の子供「104人」を比較しましたと。方法は簡単に言うと、親へのアンケート、診断面接、ライフスタイルインデックスの作成

まぁこれでADHDの子供は上記の逆のことをやっていることが判明

これを研究したホルトン教授とニッグ教授は「とりあえず運動かな?」と推奨してます。

運動すれば、喉も乾くし、スマホとかテレビ見る時間も減るし、疲れて眠れやすくもなるんじゃないかな」と。←まぁ、たしかにですね!

-ADHD向け, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性は『あの』野菜を食べよう~乳がんリスクを21%下げる野菜とは!?

まぁ「ニンジン」なんですけどね 中国の2018年のメタ分析になります(1) 10件の「ニンジンの摂取量と乳がんリスクに関する」疫学研究をもとに女性の被験者「141,187人」にのぼり、そのうち乳がんと …

小ネタ研究紹介:ダークトライアド~タダ飯にのってくる女はやべぇ奴かも?等々

ダークトライアドとは? 『サイコパス』:反社会性、支配操作、スリル好き『ナルシスト』:他人の目を惹きたい、自己陶酔、操作意欲、『マキャベリスト』:金、権力への渇望、冷酷、不道徳思考 という特徴を持つ人 …

中年期は低タンパク、高齢期で高タンパクにしたほうがいいっていう興味深いなぁと思った話

中年期の高タンパク、高齢期の低タンパクは死亡率を上げるくさい 2014年の南カリフォルニア大学の研究(R)なのですがね タンパク質の摂取量と死亡率を調べたっていう感じで 50歳以上の成人(平均年齢65 …

現時点でのちゃんとした『認知症予防策』が発表されたでって話

ガチガチのプロ28名が提唱した予防策 ランセット認知症、介入、ケアに関する国際委員会(略してランセット委員会)が2017年に発表した認知症のリスク要因9つにさらに3つを加えたそうな(・ω・)ノ ようは …

若さの秘訣とは~双子さん1876人(938組)を調査したぞ+関連研究

若さの秘訣=老化の原因とは 2006年のデンマークでの研究です(1) デンマークの双子さん「1876人」(938組)の顔写真を10人の看護師さんに見てもらって「見た目で年齢を判断」してもらった、 研究 …