パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ADHD向け 女性向け

ADHDに効果的なサプリメントの組み合わせ~なお女性ならさらにいうれしいことが………!?

投稿日:

てか、そもそも「ADHDの原因」って?

とにかくADHDの人は色々足りていないみたですね。(1)(2)←前の記事

根本的な原因としては「脳の神経伝達物質がうまく機能していない、そもそもの神経伝達物質(ドーパミンやノルアドレナリン)が健常者より少ない」ことがあげられています。

だから「足りないなら、補給する」っていうのが個人的見解です。(ドーパミンを増やす、伝達機能の改善するサプリメントを摂取する)。

『ビタミンB6』と『マグネシウム』の組み合わせが良さげ

2006年の研究ですね(3)。ADHDの子供は「マグネシウムが足りていない」ことも分かったようです。

そしてこの研究では「マグネシウムとビタミンB6投与でADHDの子供40人を8週間追跡調査」という内容。

結果は

  • ADHDの子供は健常者より「マグネシウム、ビタミンB6レベルが有意に低い」
  • 8週間(約2か月)の投与で「多動、不注意、攻撃性、過敏性などの症状が大幅に改善」
  • しかし、投与終了に伴い、数週間後「マグネシウム&ビタミンB6レベル低下」「症状が再発」してしまった。

なるほど「継続的」な補給が必要みたい………

実はこの組み合わせって………

前に書いた女性特有の生理障害を書きました。

もしかしたら「マグネシウムとビタミンB6」の組み合わせがこの症状を緩和してくれるかもしれないっていうイギリスのレンディング大学の研究(4)。

「50mgのビタミンB6」と「200mgのマグネシウム」を毎日摂取してもらったという研究。

(A)マグネシウム200mg (B)ビタミンB6 50g (C)マグネシウム&ビタミンB6 のグループにまぁ平均年齢32歳女性44人のを振り分けて、生理症状に関する30項目のアンケートに答えてもらったと。

結果的に(C)マグネシウム&ビタミンB6を両方摂取してもらったグループが一番症状が緩和したと。

特に生理前のメンタル面(不安やイライラ、過敏、情緒不安定など)に有意に効果的だと。

ちなみにビタミンB6単体で調べた別の研究もあります(5)。こちらで生理前の不快症状のメンタル面69%。身体面(乳房のハリ、頭痛、腰痛など)52%と、ビタミンB6だけで症状が半分以上も改善できたという研究もあります。

ビタミンB6とマグネシウムはADHD及び女性におすすめ

-ADHD向け, 女性向け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ADHDの交通事故率って気になったことない?って話~調査結果有り

まぁ、「注意欠陥or欠如」という名前が入っているので気になっている方がいるんじゃないでしょうか? まぁ、想像はついていた結果 2019年の研究(1)によりますと、運命は残酷ですね。 2004年~201 …

ADHD早死にする理由が………(笑)っていう研究をみつけちゃったよって話

ADHD早期死亡率、健常者の2倍ってマジ? 2015年デンマークのオーフス大学によるコホート研(1) 最初の誕生日から2013年まで(最高齢32歳)のデンマーク全国登録簿をもとに『192万人』(そのう …

 すんごく簡単なダイエットハウツーをご紹介していくよー~もち科学的根拠に基づいて

お皿のサイズを変えるだけ 2013年の研究論文(1)でダイエットじゃなく「マーケティング」目的ってとこがおもろい。 中華料理ビュッフェで大きなお皿は小さなお皿と比較して「1.5倍」多く食べることがわか …

女性の障害【PMS・PMDD】に効果的な栄養

女性特有の生理前の「不快症状」 月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)とは? おもにどちらも「生理前」に現れる症状で 月経前症候群(PMS)は「下腹部の痛み」、「頭痛」、「めまい」、「 …

ADHDの原因は遺伝だけではなく実はお母さんの………っていう最新の研究の話

前回も「お母さんの『あれ』が足りなくて」っていう話をしましたが今回もそんな感じです。 お母さんが肥満だった説 2020年5月に発表されたほやほやの研究(1) 7~8歳の子供のお母さん「1915人」に子 …