パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

筋肉量とビタミンC摂取量は比例するらしいって話

投稿日:

ビタミンCって筋肉にもいいんですなぁ

イギリスのイーストアングリア大学による2020年8月27日のほやほや(R

42歳~82歳の男女『13,000人以上』が参加したコホート研究ですね。

参加者の骨格筋量を測定して、7日間の食事アンケートからビタミンC摂取量および参加者のビタミンCレベルを分析しまして

まぁ、結論『ビタミンC摂取量多い人はそうでない人より骨格筋量多かったよ

っということでした。

男性で『1.6~2.0%』女性では『3.4~3.9%』高かったとのことで女性のほうが効果が大きいみたい

この研究は『加齢に伴う筋肉の減少』を防ぐというのに効果があるのですが『筋トレ』にもいいんじゃないかなぁとは思いますね。

癌と栄養に関するノーザン・コホートの欧州前向き調査の個人のビタミンC摂取に対する食物グループの寄与率。 男性:果物(26.5%);  野菜(25.2%);  ジュース(18.6%);  ジャガイモ(14.1%);  肉/タンパク質(3.0%);  乳製品(3.0%);  穀物(1.6%);  脂肪/砂糖(3.9%);  ノンアルコール飲料(3.2%);  その他(0.7%)。 女性:果物(32.0%);  野菜(25.2%);  ジュース(19.5%);  ジャガイモ(10.3%);  肉/タンパク質(2.0%);  乳製品(2.7%);  穀物(1.7%);  脂肪/砂糖(2.7%);  ノンアルコール飲料(2.8%);  その他(0.7%)。 果物には、リンゴ、アプリコット、アボカド、バナナ、ベリー、ブルーベリー、柑橘類、イチジク/ナツメヤシ、ブドウ、メロン、ミックスフルーツ、その他、桃/ネクタリン、梨、プラムが含まれます。 野菜には、ハーブ、アブラナ(キャベツ)、ニンジン、カリフラワー、キュウリ、インゲン、その他、エンドウ豆、サラダ、トマトなどがあります。 ジュースにはジュースや柑橘類のジュースが含まれます。 肉/タンパク質には、卵、狩猟肉、肉製品、家禽、赤身肉、赤身肉料理、赤身肉製品、臓物が含まれます。 乳製品には、チーズ、クリーム、ミルク(セミスキム、スキム、フル)、ヨーグルトが含まれます。 穀物には、パン、オート麦シリアル、シリアル、パスタ、および米が含まれます。 脂肪/砂糖には、おいしいビスケット、甘いビスケット、ケーキ、菓子、脂肪、ジャム、シロップ、ペストリー、バター製品、シリアルプディング、牛乳ベースのプディング、セイボリーソース、甘いソース、セイボリーフード、砂糖が含まれます。 ノンアルコール飲料には、コーヒー、紅茶、スカッシュが含まれます。 その他には、豆、豆料理、ドレッシング、食事療法の食事、食事、ナッツ、種子、漬物、およびスープが含まれます。 とヨーグルト。 穀物には、パン、オート麦シリアル、シリアル、パスタ、および米が含まれます。 脂肪/砂糖には、おいしいビスケット、甘いビスケット、ケーキ、菓子、脂肪、ジャム、シロップ、ペストリー、バター製品、シリアルプディング、牛乳ベースのプディング、セイボリーソース、甘いソース、セイボリーフード、砂糖が含まれます。 ノンアルコール飲料には、コーヒー、紅茶、スカッシュが含まれます。 その他には、豆、豆料理、ドレッシング、食事療法の食事、食事、ナッツ、種子、漬物、およびスープが含まれます。 とヨーグルト。 穀物には、パン、オート麦シリアル、シリアル、パスタ、および米が含まれます。 脂肪/砂糖には、おいしいビスケット、甘いビスケット、ケーキ、菓子、脂肪、ジャム、シロップ、ペストリー、バター製品、シリアルプディング、牛乳ベースのプディング、セイボリーソース、甘いソース、セイボリーフード、砂糖が含まれます。 ノンアルコール飲料には、コーヒー、紅茶、スカッシュが含まれます。 その他には、豆、豆料理、ドレッシング、食事療法の食事、食事、ナッツ、種子、漬物、およびスープが含まれます。

ちなみにみなさん主に『フルーツ、野菜、ジュース』から摂取していた感じ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いい加減、目覚めなさい~痩せる薬なんてないっていうメタ分析~

現実から目を背けてはいけないのね………(笑) シドニー大学による2020年の最新の研究(1) なんと19年ぶりの「ハーブ系サプリメント」のレビューみたいです! ハーブ系サプリメントの効果をプラセボと比 …

ADHDの交通事故率って気になったことない?って話~調査結果有り

まぁ、「注意欠陥or欠如」という名前が入っているので気になっている方がいるんじゃないでしょうか? まぁ、想像はついていた結果 2019年の研究(1)によりますと、運命は残酷ですね。 2004年~201 …

断食のデメリットを科学的根拠で否定しちゃいます

お腹が空いて動けないは一応ない 炭水化物、ようは「糖質」を撮らないと「脳動かんくない?」ってやつですね。 まぁ体は便利なもので「糖新生」という機能で脂肪をケトン体というものに変えて、糖(グルコース)の …

100記事に到達したのでもっとも読まれた話ランキング

だらだらと趣味程度で書いてきましたが『100記事』に到達したので人気のあった記事をトップ10でなんとなくランキングで紹介しやすー 読んでくださり、心から御礼を申し上げます。 10位『断食のデメリットを …

「食事は細目に」が神話じゃないのかなっていう研究ばかり

んーダイエットでよく言われてる「食事頻度を増やす、ex.1日6食とか」はダイエットでは効果ない、むしろマイナスかもって話。 回数を増やそうが、減らそうが、『同じカロリー』なら消費エネルギーは変わらない …