パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

心理学

恋愛の小ネタ~浮気の研究紹介

投稿日:2020年5月10日 更新日:

浮気の理由

平均年齢20歳、「495人」にネットアンケートで「浮気の理由」を聞いたよーって研究(1

  • パートナーに冷めた、魅力に思えなくなった
  • 不安、寂しさ
  • 欲求不満
  • 尊厳(ようは自分がいかに魅力的かを示したいがため)
  • コミュニケーションの欠如
  • 状況要因(酔った勢いでつい………的なやつ)
  • 性への多様性(欲求不満というよりは、好奇心かなと思います)

があがったようですよー(・ω・)ノ。

「もう二度としません、本命はあなたです」は信用してはダメかも

18歳~35歳の若者「484人」の5年間の恋愛関係を分析して「前の関係で浮気した人は次の関係でも浮気するねー」ってことがわかりましたってさΣ(・ω・ノ)ノ!(2

  • 前の関係で浮気した人が次の関係で浮気する確率は、浮気しなかった人に比べて「3.5倍」高くなる
  • 前の関係で浮気された人は次の関係でも浮気されてしまう確率は「2倍」←ちょっとかわいそう(笑)。
  • 前の関係で浮気を疑っていた人は次の関係でもパートナーを疑ってしまう確率は「4倍」に高くなる。
  • まぁ浮気しない人はほんとに浮気しない(将来的に浮気する確率はほぼないとのこと)←安心安心(笑)。

男の浮気を見破るのは「ちょろい」らしい

男性592人、女性924人、計1516人に「浮気者」の写真を見せて、「1.浮気してない~10.絶対浮気してる」みたいな10段階評価で「予想」をしてもらったという研究(3)。なお写真は髪や耳がトリミングされていて「に焦点があてられるように加工」されている。

結論、「男の浮気者は簡単に見破れる」しかし「女性は見破られない」

男性のみなさんは「両方」注意しないといけませんね(`・ω・´)(笑)。

しかも女性が男性の浮気を見破る精度は高いみたいです(笑)。女の勘、恐ろしいですね(笑)。

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幸せになるためにできること5選~9514人調査してわかったよー

幸せになるためにできること ニュージーランドで「みんな人生に対してどれくらい幸せ感じてる?」みたいなアンケートをして、さらにどんなライフスタイルを送ってるかを9514人分調査したよーって研究(1)ここ …

もう可愛い動物たちの映像流してよ(笑)。~心理的ストレスと感染率の関係性~

心理的ストレスが免疫力を下げる シェルドン・コーエン博士の研究(1)によると、心理的ストレスを避けることでウイルスの感染確率を下げられる可能性があるという見解があります。 サンプルには5つのウイルスを …

あの有名な恋愛の○○効果が現代科学で否定さちゃったよって話

まぁ「ロミオとジュリエット効果」ってやつ 「ロミオとジュリエット効果」とは!?………(`・ω・´) ご存知かと思うので割愛、「障害があったほうが逆に乗り越えようと頑張ろうとする」=ex.「自分たちの仲 …

恋愛の小ネタ~リア充爆発しろ的な研究

リア充は心拍数と呼吸数が一致する 2012年のカリフォルニア大学の研究(1)(2) 32組のカップルに参加してもらい、何メートルか離れて、ただ座ってお互いに見つめ合ってもらうだけの研究。 「このタスク …

感情をぶちまける嫌な奴にはバナナでも食わしとけば?

「トリプトファン」を摂取すると「喧嘩っ早さ」が軽減されるらしい 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」、これの材料となるのが必須アミノ酸であるこの「トリプトファン」。カナダのマギル大学の研究(1)です。 …