パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ダイエット 女性向け

女性に最適か!?~脂肪は根こそぎ落として、筋肉は維持のダイエット法~

投稿日:2020年5月9日 更新日:

低炭水化物が最適かも

いわゆる『ケトジェニックダイエット』ってやつですね。

低炭水化物:中たんぱく質:高脂質ですね。「肉食」なダイエットです(笑)。

2020年のマラガ大学の研究(1)←結構最近

およそ2年ほどのトレーニング歴のある23~31歳の女性、21人を

  • (A)ケトジェニックダイエット、11人 
  • (B)通常の食事、10人 に分ける
  • これでどちらも8週間筋トレしてもらって違いを調べましたよ って感じ

[結果]

(A)ケトグループ:平均「1.1㎏」の脂肪減少「700g」の徐脂肪体重(筋肉など)の減少

(B)通常食:平均「300g」の脂肪の増加、「700g」の徐脂肪体重の増加

しかし、この研究では「筋トレの強度」を評価していなかったので、筋肉の増減は正確ではないかもしれんとの見解がなされています。

もう1つ紹介

2010年のノルウェーでの研究(2

20歳~40歳の今度はトレーニング歴のない、ふくよかな女性16人でまた半分にグループ分けした似た研究です。

トレーニングは有酸素、筋トレを含む全身トレーニングを週2回、時間は60分~100分を10週間やってもらったと。

ケトグループのPFCバランスはちなみに「たんぱく質:22%、脂質:66%、炭水化物:6%」

通常食グループ「たんぱく質:17%、脂質:34%、炭水化物:41%、」 

なんで100%にならないのかはわからないですが………(笑)。

カロリーはケト:1755㎉ 通常食:1972㎉ です。

[結果]

ケトグループ:平均「体重-5.6㎏」、「脂肪-5.6㎏」、徐脂肪体重は変化なし

通常食:平均「体重800g増加」、「徐脂肪体重1.6㎏増加」、脂肪は「-600g」

しかし「ケトグループ」の女性の中には「脂肪-8㎏、3.5㎏の徐脂肪体重の増加」が見れた人もいるみたいです。

結論、女性は「週2のトレーニング」と「ケトジェニックダイエット」で「筋肉を維持=悩みのムキムキにならずに脂肪を落とせる

-ダイエット, 女性向け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性の障害【PMS・PMDD】に効果的な栄養

女性特有の生理前の「不快症状」 月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)とは? おもにどちらも「生理前」に現れる症状で 月経前症候群(PMS)は「下腹部の痛み」、「頭痛」、「めまい」、「 …

「セットポイント理論」の話 partⅡ~なんでリバウンドするの?~

partⅠはこちら。まぁこちらでダイエット成功率は実質「20%」なわけなのですがせっかく瘦せたのに、なんで維持できないのでしょうか?ってことで書いていきます。(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) …

いい加減、目覚めなさい~痩せる薬なんてないっていうメタ分析~

現実から目を背けてはいけないのね………(笑) シドニー大学による2020年の最新の研究(1) なんと19年ぶりの「ハーブ系サプリメント」のレビューみたいです! ハーブ系サプリメントの効果をプラセボと比 …

「食事は細目に」が神話じゃないのかなっていう研究ばかり

んーダイエットでよく言われてる「食事頻度を増やす、ex.1日6食とか」はダイエットでは効果ない、むしろマイナスかもって話。 回数を増やそうが、減らそうが、『同じカロリー』なら消費エネルギーは変わらない …

YouTubeの広告でよく流れてるあのサプリメントって実は意味ない説の紹介

⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈ これYouTube見てると、よく見ませんか(笑)!?主に筋トレやダイエット系をYouTubeで視聴したことがあるなら …