パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

休暇が多いほど長生きするっていう当然ですよねーの話

投稿日:

日本人ってどうなんでしょうね………(笑)

2018年のフィンランドのヘルシンキ大学の研究(R

1919年~1934年生まれの方たちが1974年と1975年に研究に参加しました。

まぁつまり、40~50代の人たちを40年間追跡調査したということですね

対象は管理職の方々、1222人になります

こちらの方々を対照群(610人)と医学的アドバイスを定期的に受ける介入群(612人)に分けましたと。

みなさん少なくとも1つの心血管疾患リスクを持っていた(喫煙、高血圧、高コレステロール、高トリグリセリド、太りすぎなど)

とりあえず介入群の心血管疾患リスクは『46%減』でしたが、『追跡調査15年時点では介入群の死亡率は対照群より高かった』んですね

心血管疾患リスクは減ったのに死亡率が下がってなかった原因とは?

そこで期間を40年に延長して、仕事量、睡眠時間、休暇量も調べた

まぁ、予想通り

休暇期間の減少は介入群の死亡率に関連していたことが判明

3週間以下の休暇を取っていた人でも3週間以上休暇を取っていた人に比べて『37%死亡率が高かった』ようです

研究者のStrandberg 教授のコメント

研究者の 私たちの研究では、休暇が短い男性の方が、休暇が長い男性よりも働きがちで眠れませんでした。 このストレスの多いライフスタイルは、介入の利益を覆したかもしれません。 介入自体もまた、彼らの生活にストレスを加えることにより、これらの男性に心理的な悪影響を及ぼした可能性があると考えています

私たちの結果は、健康教育が有害であることを示すものではありません。
むしろ、彼らは、ストレスの軽減が心血管疾患のリスクを軽減することを目的としたプログラムの重要な部分であることを示唆しています。
ライフスタイルのアドバイスは、リスクの高い個人の心血管イベントを防ぐために、現代の薬物治療と賢明に組み合わせる必要があります

正直、3週間の休暇とか日本では考えられない………(笑)

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毒親もヤバいけど、逆もまた然りみたいな研究。

前置き 毒親は子どもの将来を潰しかねないってのは、まぁ想像がつく。 「母親」の「理想の子供になろうとする」とすることもメンタル的に良くないかも パデュー大学による2015年の研究です(1) 309家族 …

恋愛の小ネタ~リア充爆発しろ的な研究

リア充は心拍数と呼吸数が一致する 2012年のカリフォルニア大学の研究(1)(2) 32組のカップルに参加してもらい、何メートルか離れて、ただ座ってお互いに見つめ合ってもらうだけの研究。 「このタスク …

オレンジは寿命を延ばすかもっていうイモムシの研究から判明

実はアンチエイジングに良いかもしれん 2020年の中国での研究ですね(1) まぁオレンジは「抗酸化」「抗炎症」「抗がん」作用はご存知だけど「アンチエイジング(抗老化)」にはどうなん?っていうのを調べた …

フォースコリーって実際どうなん?

いつもの研究紹介 カンザス大学の2005年の研究(1) 30人の肥満男性を15人の群に分けまして (A)フォースコリー250mmgを1日2回(B)プラセボ で12週間後に結果発表って感じ 結果は……… …

科学が仕事で手抜きする奴の特徴をあぶりだしやがった!だがしかし………って話

仕事を「手抜きする」人の特徴とは……… オーストラリアのウエスタンシドニー大学による2017年の研究(1) ここでいう「手を抜く」は「重要なステップを省いて、楽をする」ことを指しています。 オーストラ …