パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

中年期は低タンパク、高齢期で高タンパクにしたほうがいいっていう興味深いなぁと思った話

投稿日:

中年期の高タンパク、高齢期の低タンパクは死亡率を上げるくさい

2014年の南カリフォルニア大学の研究()なのですがね

タンパク質の摂取量と死亡率を調べたっていう感じで

50歳以上の成人(平均年齢65歳)の方『6381人』のタンパク質摂取量を調べて判明したことをざらっとまとめました。とても情報量が多いです(笑)

高タンパク質(カロリーの20%以上を)、中タンパク(10日~19%)、低タンパク(10%未満)というグループ分けされてます。

高タンパク摂取を報告した50~65歳はその後18年間の全死亡率は74%増加(HR:1.74; 95%CI:1.02–2.97)、癌死亡率は4倍(HR:4.33; 95%CI:1.96–9.56)

・しかし、65歳以上の高タンパク摂取は全死亡率と癌死亡率の低下に関係していたが、依然として糖尿病死亡率は全年齢で5倍に増加

高齢者の場合、タンパク質の摂取量が少ない被験者と比較すると、高タンパク質の人は全死因死亡率が28%減少。(HR:0.72; 95%CI:0.55–0.94)、中タンパク質は全死因死亡率の21%減少(HR:0.78; 95%CI:0.62–0.99)。高タンパク質の人は低タンパク質の人と比較して、癌死亡率も60%減少(HR:0.40; 95%CI:0.23–0.71)。

糖尿病リスクが高タンパク質グループの被験者はリスクが73倍に増加。(HR:73.52; 95%CI:4.47–1,209.70)、中タンパク質の人は約23倍増加。(HR:22.93; 95%CI:1.31–400.70)。
低タンパク質は特に問題なし。


・低タンパク質の人に比べて中タンパク質を摂取した人は、癌による死亡率が3倍高い(HR:3.06; 95%CI:1.49–6.25)

・IGF-1が10 ng / ml増加するごとに高タンパク質群と低タンパク質群の50〜65歳の被験者のがんの死亡リスクがさらに9%増加。
しかし高齢者(66歳以上)の間で、低タンパク質グループの人と比較すると、IGF-1も低かった場合、高または中程度のタンパク質食を摂取した人はCVD死亡のリスクが低下しました。

IGF‐1とは『成長ホルモンの一種』です。10代20代に濃度がピークに達し、加齢で衰退していきます。成長期や筋肉構築に欠かせませんが『発がん性』があるという諸刃の剣。というのを上記が物語っていますな。癌は若い人のほうが進行速いって言われてますからね。

マウスを使用した実験でもタンパク質を抑えることにより、IGF‐1を減少させ、癌の発生及び進行を遅らせることができるというが判明しました。


まぁ高齢化にともない逆に低タンパクだと栄養失調になって、アミノ酸吸収をうまくできなくなるからではないかといわれています。







-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリティッシュコロンビア大学の最新の研究~寿命を縮める要因ワースト10が発表されたぞ!

死亡リスクを上げる経済、行動、心理、社会的『57個』の要因 ブリティッシュコロンビア大学による2020年の最新研究(1) 1992年~2008年の間に収集された50歳~102歳の方『13,611人』の …

100記事に到達したのでもっとも読まれた話ランキング

だらだらと趣味程度で書いてきましたが『100記事』に到達したので人気のあった記事をトップ10でなんとなくランキングで紹介しやすー 読んでくださり、心から御礼を申し上げます。 10位『断食のデメリットを …

ADHDに効果的なライフスタイルへの考察研究~やってみる価値あり!!

ADHDじゃなくてもやったほうがいい、ただの健康的な習慣が鍵 2016年のオレゴン健康科学大学の研究です(1) とりあえず「ADHDの子供は健常者の子供より不健康な生活習慣に従事する可能性が高い」とい …

瞑想ってどんくらいやれば効果あんの?って話~パレオさんが紹介していない研究

『瞑想』はもう「やるしかない」ってぐらいメリットしかないのですが、実際どんくらいやれば効果あんのって?疑問に思うことがあるかもしれません。 ぶっちゃけ「パレオさん」のブログにほとんど書いていますが「私 …

自然光で仕事のパフォーマンスが上がるかもって話

もはや外で働いたほうがいいのかしら 2020年のイリノイ大学による研究(R) 21歳~61歳の30人のナレッジワーカーに (左)日光遮断(ローラーブラインド) (右)ECガラス(調光ガラス) のオフィ …