パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

ナッツを毎日『0.5掴み』目標にしようの話

投稿日:

1日『0.5掴み』でOK

2019年のハーバード大学による結構、大規模な観察研究(R

3つのコホート研究をベースにしているので被験者の数が『144,885人』(みんな医療従事者)に上りました。

3つのコホートの平均体重増加は毎年0.32 kgでした。『0.5サービング/日(14 g)』あたりのナッツの消費量の増加は、4年間隔あたりの体重増加の減少と有意に関連していましたと(すべてでp <0.01)

全体で-0.19 kg(95%CI -0.21〜-0.17)

クルミ:-0.37 kg(95%CI -0.45〜-0.30)

他のナッツの場合-0.36 kg(95%CI -0.40〜-0.31)

ピーナッツ:および-0.15 kg(95%CI -0.19〜- 0.11)

・代替分析では、赤肉、加工肉、フライドポテト、デザート、またはポテトをナッツの0.5サービング/日で置き換えると、チップ(クリスプ)は体重増加の低下と関連(すべてp <0.05)。【図】

図2

たとえば、0.5サービング/日のデザートをクルミに置き換えると-0.42 kg(95%CI -0.49〜-0.34 kg)赤身の肉と加工肉をナッツまたは個々の種類のナッツに置き換えると、体重増加が少なかった(1日0.5サービングあたり-0.50から-0.70 kgの範囲)

・非消費者と比較して、ナッツの消費を非消費から0.5サービング/日に増やした参加者は『0.74 kg』の体重増加が少なくおよび肥満になるリスクが『16%低い』(95%CI 0.80~0.89)。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然光で仕事のパフォーマンスが上がるかもって話

もはや外で働いたほうがいいのかしら 2020年のイリノイ大学による研究(R) 21歳~61歳の30人のナレッジワーカーに (左)日光遮断(ローラーブラインド) (右)ECガラス(調光ガラス) のオフィ …

勉強と睡眠に関する研究~やっぱ昼寝はすごい!とか

頭良いやつは「20分」多く寝ている サウジアラビアのキングサウド大学の2012年の研究(1)。 「410人」の医学生を対象に行われました。このうちの「115人は優秀な成績」を「295人はまぁ平均的な成 …

若さの秘訣とは~双子さん1876人(938組)を調査したぞ+関連研究

若さの秘訣=老化の原因とは 2006年のデンマークでの研究です(1) デンマークの双子さん「1876人」(938組)の顔写真を10人の看護師さんに見てもらって「見た目で年齢を判断」してもらった、 研究 …

ブリティッシュコロンビア大学の最新の研究~寿命を縮める要因ワースト10が発表されたぞ!

死亡リスクを上げる経済、行動、心理、社会的『57個』の要因 ブリティッシュコロンビア大学による2020年の最新研究(1) 1992年~2008年の間に収集された50歳~102歳の方『13,611人』の …

no image

筋肉量とビタミンC摂取量は比例するらしいって話

ビタミンCって筋肉にもいいんですなぁ イギリスのイーストアングリア大学による2020年8月27日のほやほや(R) 42歳~82歳の男女『13,000人以上』が参加したコホート研究ですね。 参加者の骨格 …