パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

トレーニング前にプルーンはいかがでしょうかと思った研究

投稿日:

トレ前の炭水化物

トレーニング前の炭水化物といえば『おにぎり』とか『バナナ』を思い浮かべる方が多いのかなぁと思います、たぶん(笑)

というわけでプルーンが『IGF-1』レベルを高めてくれる?っていう研究です

筋トレしてる方で聞いたことはあるんじゃないかなぁとは思いますが、簡単にいうと『テストステロン』『成長ホルモン』『インスリン』と並ぶまぁいわゆる『アナボリックホルモン』ですな

目的は閉経後の女性の骨粗鬆症予防にプルーンが役立つかっていうものだったといことで

平均年齢55歳の閉経後女性に3ヶ月間毎日

・100gのドライプルーン(約12個ぐらい)

・75gのドライりんご

を食べてもらいましたと。

結果

プルーングループのみでIGF-1(インスリン様成長因子)とBSAP(骨特異的アルカリホスファターゼ)の血清レベルが上昇。(それぞれ17%と5.8%

とまぁ骨形成に重要な役割のあるものが上昇したのでプルーンは骨粗鬆症予防になるかもねっていう感じと

IGF-1についてお得意のYouTubeで検索したら『Sho Fitness 』さんと『NEXTFIT Kento』さんがヒットしたので貼っときます

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然光で仕事のパフォーマンスが上がるかもって話

もはや外で働いたほうがいいのかしら 2020年のイリノイ大学による研究(R) 21歳~61歳の30人のナレッジワーカーに (左)日光遮断(ローラーブラインド) (右)ECガラス(調光ガラス) のオフィ …

早期教育が意味ある説~某メンタリストの憧れの大学の研究

前置き 「メンタリスト DaiGo」さんがニューヨーク大学による「メタ分析」で「早期教育は金の無駄説」を紹介していました。 質に関しては「本物」かと思いますので参考に。 しかし彼の『憧れの大学』では「 …

ブリティッシュコロンビア大学の最新の研究~寿命を縮める要因ワースト10が発表されたぞ!

死亡リスクを上げる経済、行動、心理、社会的『57個』の要因 ブリティッシュコロンビア大学による2020年の最新研究(1) 1992年~2008年の間に収集された50歳~102歳の方『13,611人』の …

ジムトレーナーに見ていただきたい研究~クライアントが挫折しないための秘訣

「やらせる」ではなく、「やってもらう」!? 2014年の研究(1)と2015年の研究(2)から「自分で選択してもらう」ということが一番の難関である「継続」の手助けになりそうです。 まず2014年の研究 …

猫好きの男はモテないかも?って研究

私はどっちも好きですけどね 2020年コロラド州立大学の研究(1) 出会い系サイトのマッチングにおいて「猫さん」って影響あるのか調べた感じ。 恋愛とペットの関係で有名なのは「犬を連れてるとモテる」って …