パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

未分類

ジムトレーナーに見ていただきたい研究~クライアントが挫折しないための秘訣

投稿日:2020年5月21日 更新日:

「やらせる」ではなく、「やってもらう」!?

2014年の研究(1)と2015年の研究(2)から「自分で選択してもらう」ということが一番の難関である「継続」の手助けになりそうです。

まず2014年の研究では10代(高校生くらい)の女性「27人」に20分間トレッドミル(ランニングマシン)をやってもらう。

最初は「速さ」などを自分で決めてもらい、次の機会で決められた速さ(アメリカのスポーツ医学会推奨の速さ)でやってもらうという単純なもの。

結果

  • 運動効果はどちらも等しい結果になった
  • しかし、「決められた」ものをこなすというのは「退屈で面倒」に感じるようでした。←自分で決めたメニューのときのほうが「満足度」高い

2015年の研究ではこれの「筋トレver」です。これは「重さの選択」です。

パターンは3つ、(A)MAXの70% (B)MAXの40% (C)自分で重さを決める

これでトレーニーの平均年齢23歳の女性「20人」に45分間の筋トレを行ってもらった。メニューはレッグエクステンション、チェストプレス、ラットプルダウンなどを3セットずつ。

トレーニングの継続意識や自己効力感などを評価しました。

結果

  • こちらも自己効力感及びトレーニングの継続意識は「自分で重さを決めたとき」が最高値でした
  • ちなみに自分で重さを決めても、だいたい平均MAXの「57%」を選択する傾向でした。←まぁ十分じゃない?

女性に関しては、「尊重」を大事にしたほうがいいかもしれませんね

あっ私はトレーナー養成所とか出ていないで、教科書通りで常識であるなら申し訳ないですΣ(゚Д゚)

余談(笑)。

ちなみにトレーニングの中の「励ましの言葉」ってマジで効果あるみたいです(3)。MAX値から「5%」底上げされるみたい(笑)。

ちなみに励ましの言葉は「 ‘Come on, you can do it’」だそうです(笑)。

トレーナーに限らずに仲間が頑張ってるときはぜひ、この方にになりましょう(`・ω・´)ゞ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年期は低タンパク、高齢期で高タンパクにしたほうがいいっていう興味深いなぁと思った話

中年期の高タンパク、高齢期の低タンパクは死亡率を上げるくさい 2014年の南カリフォルニア大学の研究(R)なのですがね タンパク質の摂取量と死亡率を調べたっていう感じで 50歳以上の成人(平均年齢65 …

自然光で仕事のパフォーマンスが上がるかもって話

もはや外で働いたほうがいいのかしら 2020年のイリノイ大学による研究(R) 21歳~61歳の30人のナレッジワーカーに (左)日光遮断(ローラーブラインド) (右)ECガラス(調光ガラス) のオフィ …

ADHDは褒めたり、励まして伸ばしたほうがいい?って思う研究

2016年の研究ですね(1)。日本の「沖縄科学技術大学院大学」とニュージーランドのオタゴ大学の研究チームによるものです。 「罰」がADHDの子供の行動にどのような影響を与えるかを調べましたと。 おもし …

浮気しやすい時期は結婚〇年目っていう研究

『浮気の理由』などを書いた記事はこちら 二人の関係に魔が差してしまう時期はいつ? 2018年のイスラエルでの研究ですね。(1) 平均年齢32~33歳のバツイチさんたち(少なくとも1年は結婚していた)、 …

パレオさんがビタミンBサプリメントを嫌悪してるけど「それはどうかな?(`・ω・´)きり」って思う話

前置き ビタミンBのサプリメントは「癌リスク」をあげるってことですね。 ちなみに『女性は問題ない』みたいです。逆に女性は必須なような気もします。 癌には関係ないって「メタ分析」は言ってる 2016年、 …