パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

クルクミン

クルクミンはSSRIばりに鬱にいいらしいよっって話

投稿日:2020年9月24日 更新日:

クルクミンにはプロザックばりの効果があるとな!?

今回はちょっと古い2014年のインドのバーヴナガル医科大学の研究(R

クルクミンに関しては前に記事を書きましたね。

おそらくパレオさんは紹介されていない研究かなと思って今回紹介しようかなと思いました。

https://yuchrszk.blogspot.com/2020/01/blog-post_4.html

一応パレオさんのリンクです。

さてさて紹介する研究はですね『プロザック(フルオキセチン)とクルクミンの安全性と有効性の比較』です

プロザック(フルオキセチン)は世界的には一般的なSSRIみたいですね。

日本では販売されてはいないくさいっぽいです(パキシルやデプロメールセルトラリンが一般的かな?)

というわけで大うつ病の患者60名を3グループに分けまして

1.プロザック(フルオキセチン)を20mg

2.クルクミン500mgのカプセルを朝食夕食後の計1000mgを摂取

3.1と2を両方

2週間ごとに計3回(トータル期間は6週間)のハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)に回答してもらいましたと

ウコンのクルクミンが豊富な抽出物を1日1000 mg摂取するうつ病に苦しむ人々は、プロザックの有効成分であるフルオキセチンの標準用量である20 mgと同じように反応します。 インドの政府医科大学バーヴナガルの薬理学者は、これについて植物療法研究で書いています。 クルクミンは非常に興味深い物質であることに同意しますが、この研究については予約があります。

スコアが0~7が健康、8~13が軽度のうつ、19~22が重度のうつ、23以上が非常に重度といった感じです。

という感じで6週目にはどのグループでも改善が見られました。

クルクミンに関しては、SSRIの副作用である「希死念慮」を起こさずに改善できるのではないかと期待がありますね

-クルクミン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クルクミンってすごいんだぜって研究

クルクミンはターメリック(ウコン)に含まれていて、まぁあの黄色の色素ですね。「減量飯の沼」がすごいのはこれらのスパイスも理由にしてます。 脂肪燃焼効果に超期待できるかも 11件の研究をもとにした201 …