パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

不安やうつ 免疫力 心理学

もう可愛い動物たちの映像流してよ(笑)。~心理的ストレスと感染率の関係性~

投稿日:2020年3月27日 更新日:

心理的ストレスが免疫力を下げる

シェルドン・コーエン博士の研究(1)によると、心理的ストレスを避けることでウイルスの感染確率を下げられる可能性があるという見解があります。

サンプルには5つのウイルスを用いました。3種類のライノウイルスとRSウイルスとコロナウイルス229Eです。

被験者394人に点鼻し、その後心理的ストレス指数で変化を見ました。

結果は『すべてのウイルス』で心理的ストレス指数が高いほど感染率が高かった。これらのウイルスは症状が異なるので、この結果の信憑性は高いかと思います。

瞑想と運動により免疫がUP

ウィスコンシン大学の研究(2)によると瞑想と運動がウイルスの感染率を下げることが報告されています。

50歳以上149人を「瞑想」、「運動」、「なにもしない」3グループに分け8週間追跡調査。

瞑想、運動グループ」は感染率も低く、症状も軽症で済むという見解となりました。

瞑想で感染率は30%、重症度は60%下げられるみたいよ!!

昨今はネガティブなニュースばかりですね。ネガティブはご覧の通り「自制心を下げます」。普段は買わないものを買う可能性があるってことです。もはやニュースの映像は私には「滑稽」ですね(笑)。ほんとマーケティングとしては効果絶大ですね。

いいニュースがないなら「ワンちゃんや猫ちゃんの愛くるしい映像」でも流してくれればいいのに←私得(笑)。

-不安やうつ, 免疫力, 心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダークチョコレートすごすぎの話

「ダークチョコレート」それすなわち「最強の健康食品」 ご存じの通り「カカオポリフェノール&フラバノール」ですね。炎症を抑えてくれる強力な抗酸化物質です。(1) 脳機能の向上(認知、記憶、実行機能など) …

砂糖が麻薬よりやべぇーって話

中毒性はコカインの『8倍』って研究 人は「うれしいこと」や「心地良い」と感じたときに「快楽物質or期待ホルモン=ドーパミン」を分泌します。なにかを達成したり、ゲームしたり、「美味しいものを食べたり」し …

感情をぶちまける嫌な奴にはバナナでも食わしとけば?

「トリプトファン」を摂取すると「喧嘩っ早さ」が軽減されるらしい 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」、これの材料となるのが必須アミノ酸であるこの「トリプトファン」。カナダのマギル大学の研究(1)です。 …

とりあえずコロナに限らず「ウイルス予防」になるかもしれないという研究を2つ

「ケルセチン」いいと思います(・ω・)ノ。 ケルセチンは「ポリフェノール」です。 主に「玉ねぎ」、「りんご」、「サニーレタス」、「アスパラ」などに含まれてます。 2015年の研究(1)でこの「ケルセチ …

メタ分析特集~ビタミンD編

まぁ「メタ分析」については、パレオさんが解説してくれてるので私は割愛しやーす(笑)。とりあえず、複数の研究をさらに分析して精度を高める分析ですね簡単に言うと! ビタミンDレベルが高いと長生きしますよ …