パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

免疫力

とりあえずコロナに限らず「ウイルス予防」になるかもしれないという研究を2つ

投稿日:2020年4月7日 更新日:

「ケルセチン」いいと思います(・ω・)ノ。

ケルセチンは「ポリフェノール」です。

主に「玉ねぎ」「りんご」「サニーレタス」、「アスパラ」などに含まれてます。

2015年の研究(1)でこの「ケルセチン」が「体の中でのウイルスの増殖を抑制するかも」とのこと(/・ω・)/。

研究内容は人ではなく、腎臓細胞という細胞自体になんと「A型インフルエンザ」を感染させる感じ。

  • (A)最初に腎臓細胞にケルセチンを投与して、ウイルスに感染させる
  • (B)最初にウイルスにケルセチンを投与してから、腎臓細胞に感染させる。 っていうパターンでやってみた

(A)が感染率を「49%」下げ、(B)が「99%」下げたとなΣ(・ω・ノ)ノ!

このことから「ケルセチンはウイルスを直接攻撃しているかもね」という見解

細胞分裂ってのがあるじゃないです(‘ω’)ノ?。ウイルスは我々の細胞に寄生してそれを利用してどんどん増えていくわけなんですな(‘ω’)ノ。

侵入→自分を細胞にコピー→ばらまくっていうイメージ。

だから「この工程を邪魔してくれる」のかなっていう見解。

とりあえず「リンゴ」が一番食べやすいかと思うので、毎日食べれば「病気知らず」かもですな。

https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Quercetin-with-Bromelain-120-Veg-Capsules/330?rcode=AVI9032

「サプリメント」でもありますね(‘ω’)ノ。

きのこのこのこ げんきのこ

2015年のルイビル大学の研究(2)で「きのこ」に最も多く含まれているといわれている「βグルカン」がまたまたインフルをフルボッコにするみたい(・ω・)ノ

マウスにβグルカンを14日間投与(量は人間でいう200㎎程度)と投与なしで比較。14日経って「A型インフル」を感染させて様子見。

  • 12日間が経って「投与なしは全滅」、「βグルカン投与は80%生存していた」と

投与グループは「ウイルスの数が減少していた」とのこと(・ω・)ノ

これも「ウイルスを直接攻撃している」と考えられるみたい。あと抗体の数も増えていたんだって(・ω・)ノ。

余談ですが別の研究で(3「色々な種類のきのこを食べたほうが免疫力をさらに上げるみたいよ」。ちなみに「マイタケ×シイタケ」が良さげみたい(‘ω’)ノ

毎日、『リンゴ』と『きのこ』食いまくろうぜ(・∀・)

-免疫力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

えっ?さては引きこもりって逆効果?~コロ助とビタミンDの関係が最新の研究で判明!?

ビタミンDって大事なんですねぇ………… ルイジアナ州立大学健康科学センター所属のフランク・ラウ医師が自分のコロナウイルス患者の医療記録を分析しました(1) 20人中13人が集中治療室、いわゆる重症患者 …

もう可愛い動物たちの映像流してよ(笑)。~心理的ストレスと感染率の関係性~

心理的ストレスが免疫力を下げる シェルドン・コーエン博士の研究(1)によると、心理的ストレスを避けることでウイルスの感染確率を下げられる可能性があるという見解があります。 サンプルには5つのウイルスを …