パレオな若造

~引きこもりADHD健康オタクによる研究紹介~

ダイエット

「セットポイント理論」の話 partⅠ ~リバウンドは避けられない運命!?~

投稿日:2020年5月2日 更新日:

ダイエットに成功したのに維持できてる人は2割ってマジ!?

ダイエットプログラムに参加し、平均22㎏の減量に成功した人、192人の3年後を「ハーバード大学」が調べてみたよ(1

12%の人は75%体重を維持できていましたが、57%の人はわずか維持率5%(ほぼダイエット前に戻ってる)、そして40%の人はダイエット前より太った(笑)。なんか割合合わないけど、57%のうち40%かと………

とりま維持できてる人は12%しかいないわけだ

また、テンプル大学の別の研究(2)では6ヶ月のダイエットプログラムで平均-21㎏を達成した女性たち55人のおよそ5年後(4年8ヶ月後)を調査した結果、平均して「3.6㎏」もダイエット前の体重を上回っていたとなΣ(゚Д゚)

極限のカロリー制限の最古の実験の話

1944年の戦時中、「ミネソタ飢餓実験」というものが行われました。

内容はこんなの

  • 参加者は32名の標準な健康男性
  • 初めの3ヶ月間は3200㎉の食事を摂ってもらった
  • そして次の6か月は1570㎉(中には1000㎉まで)に摂取カロリーを落としたとな
  • 半飢餓状態の6ヶ月は高炭水化物、低たんぱく&脂質で運動として週に22㎞を歩かされた。

結果

  • 平均「16.8㎏」の減量、なお研究者の予想の半分の結果だったとな
  • 心拍数の減少、血圧低下、寒気、ゆえの代謝率が40%も下がっていた
  • もちろん疲労、倦怠、集中力欠如の体調不良や抜け毛、爪の割れ
  • 「うん、あきらかに栄養失調(笑)」

なにより実験終了から1年も経たないうちに体重は戻り、さらに増え続け………

実験前より太った

次回はなぜ、こんな感じで人ってリバウンドしちゃうの?ってことで原因の考察をしていきます(`・ω・´)

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「食事は細目に」が神話じゃないのかなっていう研究ばかり

んーダイエットでよく言われてる「食事頻度を増やす、ex.1日6食とか」はダイエットでは効果ない、むしろマイナスかもって話。 回数を増やそうが、減らそうが、『同じカロリー』なら消費エネルギーは変わらない …

プチ断食の最新研究が出てたでって話

食べる時間を4~6時間に シカゴのイリノイ大学により2020年7月の最新研究(R) 肥満の成人58人を3つのグループ分けて (1)20時間断食(食事は午後3時~午後7時までの4時間) (2)18時間断 …

ダークチョコレートすごすぎの話

「ダークチョコレート」それすなわち「最強の健康食品」 ご存じの通り「カカオポリフェノール&フラバノール」ですね。炎症を抑えてくれる強力な抗酸化物質です。(1) 脳機能の向上(認知、記憶、実行機能など) …

メタ分析特集~ビタミンD編

まぁ「メタ分析」については、パレオさんが解説してくれてるので私は割愛しやーす(笑)。とりあえず、複数の研究をさらに分析して精度を高める分析ですね簡単に言うと! ビタミンDレベルが高いと長生きしますよ …

朝食は食べる?食べない?

えーまたまた賛否両論ある話題に切り込んでいきたいと思いますΣ(・ω・ノ)ノ! 結論は食べる時間と食べる物のよっていい効果が得られそう 1990年1月~2018年1月までの13件の研究の系統的レビュー及 …